オースアライン社(OrthAlign)製、掌サイズのKneeAlign®2System(ニーアライン2システム)は、手術精度を向上するためにアナログ・デバイセズ社の 2 System uses Analog Devices' iSensor® 慣性測定センシング技術を採用しました。

Orth Align

近年のコンピュータ支援による外科手術における新しい革新は、現代医学を新しくエキサイティングな領域へと枠を超えて推し進めています。従来の手術用機器は、外科医が並外れた高い精度で患者を手術できるように、高度なコンソールとカメラ・ベースのシステムに取って代わり続けています。

KneeAlign® 2 System

オースアライン社の設計チームは、この革新を更に1ステップ進め、最新の KneeAlign® 2 System を発表しました。これは掌サイズの手術用ナビゲーション・システムで、膝の全置き換え手術中に、脛骨および大腿骨の位置合わせを高精度に行うシステムです。
非常に高価で大きいカメラ・ベースの手術用ナビゲーション・システムの代わりに、オースアライン社の設計チームは、ADI-iSensor® IMU (慣性測定ユニット)の採用を検討しました。これにより、膝置換手術中に、整形外科医は数秒で患者の大腿骨の回転中心軸を決定し、切断する骨の正確な角度が計算できます。患者の膝が完全に一回転する間に、執刀医はADI社のIMUによって取り込まれた位置と力学を基に、大腿骨の切断ブロックの正確な位置を迅速に決定できます。

KneeAlign 2 System内に設計されたADI-iSensor-IMUは、3個の加速度センサーと3個のジャイロセンサーが、それぞれ直線的な動作と角度動作をセンシングすることで、6自由度を提供します。iSensor-IMUは、厳しい動作条件下でも、全軸上の機器の動きを高精度にトラッキングする能力を備えています。小型のIMUデバイスは、標準デジタルSPIインターフェースを介してキャリブレーションされた、あるいは補正された動的センサー・データ両方へのアクセスを提供し、センサーのフィルタリングとプロセシングをデジタルで調整することができ、複数アプリケーションのシナリオに適応できるようにします。簡単なデジタル・インターフェースを通じて高精度慣性データが入手可能なため、オースアラインの設計チームは、型にとらわれずに、開発時間の年数を削減しこの画期的な製品をマーケットに投入できました。

従来どおりの機器の使いやすさを備えながらも、オースアライン社のKneeAlign 2 Systemは、FDA(食品医薬品局)から脛骨と大腿骨計測のためのカメラ・ベースの大型コンソール・コンピュータ支援システムと同等の510(k)認可を受けました。従来の機械的手術を用いた場合の68%という精度に比べて、オースアライン社のKneeAlign 2 Systemは、大型ではるかに高価で複雑なシステムに匹敵する約91%という高い精度の膝位置合わせ結果をもたらすことが明らかとなっています。

TKA(人工膝関節全置換術)の米国での必要性は、2005年~2030年で673%上昇すると予想されています。ADI社のiSensor 技術によって可能となったオースアライン社の膝手術分野における継続的な革新は、手術医および患者の両者にとって非常に重要です。

「ADI社のiSensor慣性計測技術は、弊社のKneeAlign 2 Systemにおいて重要な役割を担い、我が社の設計チームに、精度、形状およびコストにおいて非常にチャレンジングな目標の達成をもたらしました。」とオースアライン社のCorporate Development、Vice PresidentのDarius Kharabiは述べています。

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる