想像できたでしょうか
最小のスモール・ファクタで最大の性能を発揮するI/Oシステムによって、
ファクトリー 4.0 が現実となる日を・・・

フェニックス・コンタクト社とアナログ・デバイセズは、より小さなフォーム・ファクタで、さらなる高性能を追求します

 

産業機器のイノベーション

産業革命はまだ終わっていません。さまざまメーカーがサイバーフィジカルシステムを使ってロボットを遠隔制御し始めている中、ファクトリー 4.0 の時代が現実化しつつあります。

相互運用性、情報の透明性、現場での意思決定。これらの言葉はスマート・ファクトリーの特徴を表しています。スマート・ファクトリーでは、機械、デバイス、センサーと人との相互接続性がますます深くなります。また、機械学習アルゴリズムによって、製造プロセスのオートメーション化が進んでいます。

しかし、新たな課題もあります。工場環境の変化に伴って高まる安全性と信頼性に対する懸念点に対し、スマート工場に関わる事業者たちは効率的に取り組む必要があります。

フェニックス・コンタクト社とアナログ・デバイセズは、それを可能にします。


ファクトリー 4.0 の最前線で

1923 年以来、フェニックス・コンタクト社は電気工学およびオートメーションにおけるグローバル・リーダーの地位を保ってきました。現在、フェニックス・コンタクト社の自社生産ラインでファクトリー 4.0 が活用され始めており、製造、機械による組立て、インテリジェントなオートメーションがすでに一体化されています。

複数の会社間で通信するメカトロニクス・システムから、意思決定を簡単にする支援システム、コストを削減する着脱可能なインストール・システムまで、フェニックス・コンタクト社はファクトリー 4.0 を実現しています。

また、柔軟性と自律性を高めるためにメーカーが入出力 (I/O) システムのサイズを縮小し続ける中、フェニックス・コンタクト社は絶縁性を高め、電力とデータを安全に送れるようにする革新的なソリューションを用意しています。

これはアナログ・デバイセズとの戦略的パートナーシップの賜物です。


共生による成功

10 年以上にわたり、アナログ・デバイセズとフェニックス・コンタクト社はファクトリー 4.0 の実現に向けて長期的な協力関係を構築し、イノベーションの歴史を築いてきました。

アナログ・デバイセズ独自のデジタル・アイソレータ iCoupler® を初期に導入したフェニックス・コンタクト社は、デバイスの小型化という課題を克服し、安定性を大幅に高めてきました。この過程でアナログ・デバイセズは研究分野を拡大し、ソリューションを洗練し、さらに高い目標に挑んできました。

フェニックス・コンタクト社の I/O 設計がますます小型化し、複雑になるにあたり、アナログ・デバイセズはこれからも設計サイクルを短縮し、シグナル・チェーン全体を支えるサポートを提供し続けていきます。


高電圧問題の解決

デジタル・アイソレータ iCoupler® より、フェニックス・コンタクト社は安全性を維持しつつ設計サイズの小型化と消費電力の節減に成功し、ファクトリー 4.0 を推進する製品を提供できるようになりました。

また、こうしたアイソレータによって、最小のフォーム・ファクタで最大 600 Mbps という際立った性能を実現する I/O システムの生産を可能にし、設計自由度を高め、新世代の高速データ・バスにアクセスすることもできます。

これにより、メーカーは、過酷な環境で起こる高圧トランジェントに対してオペレータと機械の安全性を高め、生産性を最大化することができます。


想像を超える生産力の向上

産業機器業界がデジタル化と自動化を推し進め、相互接続性が高まるなかで、アナログ・デバイセズとフェニックス・コンタクト社はメーカーの皆様が新たな課題を克服し、新しいチャンスをとらえるお手伝いをします。

安全性は今後も最重要課題となるため、デジタル・アイソレーションは絶対に欠かせない要素です。

アナログ・デバイセズのデジタル・アイソレータ iCoupler® と、フェニックス・コンタクト社と構築してきたようなパートナーシップは、今後も想像を超える可能性をもたらすテクノロジーの進化に重要な役割を担っていくでしょう。



その他の 「想像を超える可能性を」 関連記事    すべて見る >