想像できたでしょうか

車載オーディオのイノベーションが、クルマの燃費向上をもたらす日を・・・

 

何かを追求すれば、何かが犠牲になる。設計者の前にいつも立ちふさがる、トレードオフの壁。車載インフォテインメント機器の設計では、新機能・高機能を求めるドライバーの声、コスト・重量の削減を求める自動車メーカーの声、この2つに応えなければなりません。トレードオフの壁は、極めて高くそびえ立っています。


3つのチャレンジ

車載インフォテインメント機器を手掛けるパナソニックオートモーティブシステムズアメリカ社は、この壁を乗り越えるため、パートナーを迎えることにしました。それが、私たちアナログ・デバイセズです。
私たちに与えられた課題は、3つ。重量の軽減と、コストの削減。そして、先進のアプリケーションをシンプルな設計で実現することです。
これらの課題をクリアすべく、私たちは新たなソリューションを提案しました。 “Automotive Audio Bus®”(A2B®)技術を使ったトランシーバ「AD24xx*シリーズ」です。

A2B


たった1つのソリューション

車載HiFiオーディオ機器は、通常、重くてかつ高価なケーブルを必要とします。しかも、1本や2本ではなく、数多く使用。しかし、A2Bソリューションを使えば、低価格で、シールドのないシングル・ツイストペア線1本だけで、複数チャンネルのオーディオ・データと制御データを、クロック、電源と共に供給可能になります。実際、このソリューションを使用したところ、高音質を確保しながら、ケーブル・ハーネスを大幅に(最大75%!)軽量化することができたのです。

ケーブルの削減がもたらすメリットは、「コストの削減」、「設計、実装、メンテナンスの簡素化」、さらに軽量化によって最終的には「燃費の向上」という効果ももたらします。
しかも、このA2Bソリューションでは、音声認識やアクティブ・ノイズ・キャンセレーションといったアプリケーションで使用される複数のセンサーを、デイジーチェーンで接続することが可能で、合わせてセンサーへの電源供給も行うのでセンサー毎にローカル電源が要りません。またアプリケーションのマスターユニットに搭載されているマイコンと1個のマスターA2Bトランシーバから、スレーブA2Bトランシーバが搭載された複数のセンサー(最大8個)をリモートで制御することでシンプルなバスシステム構築を実現します。このシステム設計の簡素化により、設計コストをより一層削減することが可能です。

A2Bトランシーバを搭載した初のクルマは、すでに街を走り出しています。そしてその数は、これからますます増えてゆくことが期待されます。


*AD24xxシリーズ: 当初はAD2410、 最新製品はAD242x

お客様と共に想像の先へ、50年の英知

世界をリードする信号処理技術で「アナログとデジタル」「夢と現実」との懸け橋を担ってきたアナログ・デバイセズ。私たちはこれか らも、夢とプロセスをお客様と共有しながら、イノベーションを加速し、ブレークスルーを生む、新たなソリューションを切り拓いてまいります。想像を超える可能性を―50年目のアナログ・デバイセズ。



お客様の声

私たちのOEM顧客は、マーケット戦略において次世代インフォテインメント・システムを重視しており、私たちとしても開発に注力しています。こうした中、私たちはアナログ・デバイセズのA2Bソリューションに着目し、いち早く採用。その結果、複雑な配線がシンプルになり、これに伴い、コストと重量を大幅に低減できることが明らかになりました。
このソリューションは、マイクロフォン・アレイや、アクティブ・ノイズ・キャンセレーションといった私たちが市場をリードするアプリケーションに最適であり、次世代インフォテインメント・システムに欠かせないものになるでしょう。

―Jonathan Lane氏
パナソニックオートモーティブシステムズアメリカ社



その他の 「想像を超える可能性を」 関連記事    すべて見る >