ICOUPLER®ニュース

デジタル・アイソレーション・アップデート ~ iCoupler ニュース Issue 6 ~

「アナログ・デバイセズのデジタル・アイソレーション・アップデート」第6号にようこそ!
このページでは、ゲート・ドライバ、トランシーバ、isoPower™絶縁型DC/DCコンバータ内蔵のマルチチャンネル・デジタル・アイソレータなど、アイソレーション関連のさまざまな新製品を幅広くご紹介し、iCoupler®技術をすでにご使用の方にも、まだフォトカプラを使って設計されている方にも役立つ最新情報をお届けしています。

【インデックス】

  • iCoupler新製品情報

  • ニュース

  • ナプキン・ノート(NAppkin Notes)

  • iCoupler技術のインサイドストーリー



  • iCoupler新製品情報



    システム・レベルのESD信頼性を強化した2チャンネル・デジタル・アイソレータ ADuM3210アイソレータは、片側2.7V~5.5Vの電源電圧で動作する独立した2つのアイソレーション・チャンネルを提供するため、低電圧システムで動作することができ、さらに絶縁障壁に跨がる電圧変換機能も可能です。ADuM3210は、最大125°Cまでのデフォルト低電圧出力/温度動作を持っています。
    製品について詳しくは、ADuM3210の製品ページをご覧ください。

    ADuM3210




    ニュース



    iCouplerチーム、オンチップ電源の第1回インターナショナル・ワークショップでプレゼンテーション
    最近、iCouplerデザイン・エンジニアのBaoxing Chenが、アイルランドで開催されたオンチップ電源の第1回インターナショナル・ワークショップでプレゼンテーションを行いました。主なトピックスは、信号と電源のオンチップ・アイソレーションのニーズ、電源コンバータ・アーキテクチャ、トランス構造、コンバータ性能、ハーフ・ブリッジ・ゲート・ドライバ・アーキテクチャでした。
    プレゼンテーション(pdf:1.74MB)を見る

    雑誌Power Electronics、電源とモーター・コントロール・アプリケーション向けにiCoupler技術を推奨
    Power Electronicsは最近、iCouplerデザイン・エンジニアのBaoxing Chenが執筆した論文を掲載しました。この論文(題名"Microtransformer Isolation Benefits Digital Control")では、特に電源とモーター・コントロール・アプリケーションで、フォトカプラとディスクリートのパルス・トランスの使用から生ずるデジタル制御デザインの制約を内蔵マイクロトランス・アイソレータの使用により解消させる方法を説明しました。
    雑誌Power Electronics(pdf:3.23MB)を見る


    ナプキン・ノート(NAppkin Notes)
    このコーナーでは、「デジタル・アイソレーション・アップデート」読者の皆様のために、、iCoupler®技術の適用に関するアイデア、ヒント、助言などを提供しています。

    nAppkinNote

    ナプキン・ノート:SPIによるUSBのアイソレーション
    著者: Mark Cantrell、アプリケーション・エンジニア

    現在、iCouplerデジタル・アイソレーション技術は、USBの低速(1.5 Mbps)モードと高速(12 Mbps)モードに使用することができます。図1では、アイソレーションできる場所は、差動伝送ラインD+/D-、コントローラとトランシーバとの間、コントローラとシステム・コントローラとの間の3箇所です。残念なことに、集積度の向上傾向により、トランシーバとコントローラ・インターフェースがシステム・コントローラに内蔵されるようになり、コントローラの外部でアイソレーションできるのはD+/D-データラインだけです。ここでは制御信号がなく、データはシングルエンドとデジタル・シグナリングの組み合わせであるため、アイソレーションを行うためには極めて困難です。

    ・・・もっと読む(PDF:51.6MB)




    iCoupler技術のインサイドストーリー


    iCouplerの高電圧耐性
    著者: Baoxing Chen、デザイン・エンジニア

    前のデジタル・アイソレーション・アップデートで説明したように、iCouplerデジタル・アイソレータで使用されているポリイミド絶縁は高いブレークダウン強度とESD性能、高い熱的および機械的安定性、優れた化学的耐性、低い比誘電率を提供します。このドキュメントでは、高電圧(HV)寿命特性および高電圧絶縁に使用可能なSiO2などの他の絶縁材料との違いについてレビューします。デモに使ったモデルと実験データを使用すると、iCoupler製品のHV寿命は、最大400 V rmsの動作電圧で65年以上になります。・・・もっと読む(PDF:46.1MB)

    他のicoupler® ニュースを見る

    ページの先頭へ

    沪ICP备09046653号
    感想、意見を送る X
    content here.
    content here.

    感想、意見を送る

    閉じる