ICOUPLER® USB絶縁 – 業界初のシングル・パッケージ・ソリューション


iCoupler

最近リリースされたADuM3160とADuM4160は、業界初のシングル・パッケージUSB絶縁ソリューションです。USB 2.0準拠のADuM3160とADuM4160は、アナログ・デバイセズ独自のiCoupler® 技術をベースにしたデバイスであり、完全絶縁された1.5Mbpsおよび12Mbpsのデータレートを実現します。このデバイスは、最も要求の厳しい医療用および産業用標準に対応するとともに、システム・コストの低減、設計サイズの縮小、設計時間の短縮などを可能にします。

iCoupler製品や新着情報については、ニュースレターをご購読ください

画像をクリックして、各製品ページよりサンプルが申し込めます。


ADuM4160 and Medical ApplicationsADuM4160: 5kV rms絶縁を必要とするアプリケーションに対応
ADuM4160は、医用アプリケーション(IEC 60601-1医療安全規格認定申請中)や厳しい産業環境下のアプリケーションに最適な5kVrms絶縁を提供します。ADuM4160の絶縁機能は、患者や機器類を電気的に絶縁して有害なサージやスパイクから守ることができます。また、この絶縁機能によって除細動中にこのデバイスを遮断することも不要となりました。


USB LogoADuM3160: 2.5kV rms絶縁を必要とするアプリケーションに対応
ADuM3160は2.5kVrms絶縁を提供し、計測機器や制御装置を電気的に絶縁してそれらの機器類を有害なサージやスパイクから保護し、非絶縁ポート使用時のダウン時間をゼロにします。USBアイソレータは、保護機能を証明する安全認証(UL、CSA、VDE)が必要となります。USBを産業用/計測機器ソリューションに適用することにより、センサ、制御装置、機器類などのシステムを、作業スタッフが、より簡単に、より速く、よりフレキシブルに活用できるようになります。



絶縁USBアプリケーションに対応した絶縁電源

USBアプリケーションでは、絶縁バリアのどちら側にも絶縁電源が必要となります。どちらも専用の電源から供給できます。たとえば、患者モニタは壁のコンセントに接続し、ラップトップはそれ自体のバッテリから電源を供給します。絶縁バリアの両側で電源を供給する方法はほかにもあります。それは、システムに絶縁型DC/DCコンバータを使用する方法です。絶縁電源を備えたADuM5000、あるいは他の電源を使って電力を供給できます。ADuM4160評価用ボードはADuM5000を備えており、絶縁電源を提供することが可能です。



低価格USBアイソレータ評価用ボード

USBアイソレータADuM3160およびADuM4160用の評価用ボードは、標準的なケーブル配線と個別配線で既存のアプリケーションに簡単にインターフェースできるようにしたプラグ・アンド・プレイ・ボードです。評価用ボード・パッケージには、絶縁電源を必要とするアプリケーション用の絶縁DC/DCコンバータ、ADuM5000も搭載されています。 ADuM4160のUSB絶縁評価用ボード 詳細およびご注文

ADUM4160 Evaluation Board


iCoupler技術と製品の詳細については、デジタル・アイソレータのページをご覧ください。

ページトップへ    


沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる