製品詳細

MEMS評価ツールのホームページにようこそ! このページはユーザ・ガイド、ソフトウェアをはじめ、慣性MEMS評価ツールに関するサポート情報を網羅しており、ADXLxxx、ADXRSxxx、ADIS16xxx製品ファミリーを用いた初期設計プロジェクトを簡素化するのに非常に役立ちます。慣性MEMS評価ツールは3つの基本カテゴリに分類されます。

  • ブレークアウト・ボードは簡易なコネクタ・インターフェースを提供し、プロトタイプ化プロセスの簡素化を実現します。

  • リアルタイム評価システムはインターフェース・ハードウェアと評価用ソフトウェアを提供して、ブレークアウト・ボードやセンサをPCベースで評価できるようにします。

  • スタンドアロン開発ボードは、システム・レベルのコードを開発するための組込みソフトウェア開発ツールとインターフェース・ハードウェアを提供します。

注目の評価用ボード

Breakout Boards:
Simplest

ブレークアウト・ボード

ブレークアウト・ボードは、提供されている評価ツールとしては最もシンプルなものです。ハードウェアの設計を行わずに既存のシステムに組み込むには、このボードが最適です。

  • ボードのサイズはコンパクトで、システムへの影響やセンサ測定への影響は最小限に抑えられます。
  • ボードの強度や厚みが十分に確保されており、センサへの機械的な影響を最小限に抑えて高精度のセンサ測定を実現することができます。

ブレークアウト・ボードは、すべてのADI MEMSセンサに使用できます。

評価システム: Real-Time

評価システム

MEMSセンサ評価システムは、センサをリアルタイムに評価できるグラフィカル・ユーザ・インターフェース(GUI)を備えています。これにより、温度係数、ノイズ、消費電力などのパラメータ評価が容易に行えます。データは画面上に表示され、テキスト・ファイルへの保存も可能です。

評価システムを使用すれば、既存のシステムから取り外した状態で製品の性能を簡単に評価することができます。既存のシステムに簡単に組み込めるボードについては、このページのブレークアウト・ボード(Breakout Boards)タブを参照してください。ファームウェアとアルゴリズムの開発が可能なシステムについては、このページの開発ボード(Development Boards)タブを参照してください。

評価システムは、複数のサテライト・ボードにインターフェースできる汎用マザーボードから構成されています。キットを初めてご注文いただく際には、マザーボードを含むものを選択してください。それ以降は、このマザーボードに追加する製品向けの専用サテライト・ボードをご注文ください。製品固有のファームウェアとGUIは、サポートされているすべての製品でお使いいただけます。

評価システムは2種類存在します。製品番号がADXLまたはADXRSで始まる製品は、慣性センサ評価用ボード(ISEB)を使用します。ADISUSBおよびEVAL-ADISシステムは、ADISで始まる製品番号のiSensor製品に対応したリアルタイム評価をサポートします。これらのシステムでサポートされている製品を確認するには、各製品番号(ADISUSBEVAL-ADIS)をクリックしてください。

ISEB iSensor 評価用ツール
  ADXL312: 3軸, ±1.5 g/±3 g/±6 g/±12 g デジタル加速度センサー
  ADXL345: 3軸, ±2 g/±4 g/±8 g/±16 g デジタル加速度センサー
  ADXL362: デジタル出力, ±2/±4/±8 g Range
  ADXRS450: ±300°/sec 高振動耐性
  ADXRS453: 高性能、 デジタル出力ジャイロセンサー
  ADXRS800: 角速度センサー、高性能、SPIデジタル出力

  ADIS16003: 2軸 ±1.7 g SPI インターフェース加速度センサー
  ADIS16006: 2軸 ±5g SPI インターフェース加速度センサー
  ADIS16133: ±1200°/sec Precision Angular Rate Sensor
  ADIS16135: ±300°/Sec高精度角速度センサー
  ADIS16136: ±450°/Sec P高精度角速度センサー
More ...

ご注文について:
キットのご注文時は、汎用マザーボードの有無を選択できます。ただし、最初にご注文いただくキットにはマザーボードを含んだものをお選びください。2回目以降は、サテライト・ボードのみを購入して、前に注文したマザーボードでご使用いただくことができます。

汎用マザーボードを含むキットの製品番号は、末尾に-Mがついています(例:EVAL-ADXL345Z-M)。これらのキットは、評価システム一式(汎用マザーボード、製品固有のサテライト・ボード、必要な全アクセサリ)をセットにしたものです。

サテライト・ボードを含みマザーボードを含まないキットは、末尾に-Sがついています(例:EVAL-ADXL345Z-S)。これらのキットは、製品固有のサテライト・ボードと必要な全アクセサリから構成されます。

キットの内容とオーダー(注文)については、 ISEB 評価用ボードのページをご覧ください。
ご注文について:
ADISUSBZは、ADIS16060、ADIS16130、ADIS16488を除くすべてのADIS16xxx製品に対してPCベースのリアルタイム評価をサポートします。毎秒2,000レジスタ読出しが可能であり、32ビットWindowsマシン(XP、Vista、7)上で実行できます。

EVAL-ADISは、ADIS16488に対してPCベースのリアルタイム評価をサポートします。毎秒29,000レジスタ読出しが可能であり、64ビットWindowsマシン(XP、Vista、7)上で実行できます。

iSensor評価用ツール(Wiki Site)

Develop Boards:
Standalone

Development Board

These battery-operated boards are pre-configured for logging accelerometer data. No connection to a computer is required during operation, so acceleration can be measured almost anywhere. Data is saved in a text file on a microSD card, so any operating system can be used and a variety of options exist for post-processing. The board is completely reprogrammable for custom applications.

This board is available for the following products:

沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる