ウェブキャストセミナー アナログ技術セミナー2014

2014年に開催されたアナログ技術セミナーの各セッションをウェブキャストでご覧いただけます。

ATS2014_video2014年のアナログ技術セミナーは、8月26日に大阪会場で、その後東京会場にて同内容で2日間開催しました。

近年の電子回路の高速、高精度化による設計の複雑化の加速を背景に、2014年のアナログ技術セミナーでは、コンバータ分野に関するセッションに特化し、、高速コンバータと高精度用コンバータのコア技術を中心とした基調講演、および技術セッションをお届けしました。

また、例年多くのお客様にキャンセル待ちをしていただき、その後受講いただけないといったことが多く発生していました東京会場でのセミナーを、同内容で2日間に渡って開催いたしました。その結果多くのお客様にご参加いただくことができましたが、開催会場を2箇所のみとしました関係で、ご参加いただけなかったお客様もいらしたことと思います。

お客様のリクエストにお答えし、2014年のアナログ技術セミナーも、ウェブキャストセミナーとして公開することにいたしました。

※アナログ技術セミナー2014の開催は終了しております。本ページでは各セッションをウェブキャストでご覧いただけます。


高速コンバータ技術

講師:アナログ・デバイセズ Vice President
Dave Robertson

 

このセッションでは、今後の技術革新の鍵を握る半導体デバイスを具体的に取り上げながら、これらのデバイスが生まれるきっかけとなった主要なアーキテクチャであり、特にアナログデバイセズが得意とする、高精度に時分割されたインターリーブ型コンバータと、連続時間シグマ・デルタ変調器(CTSD)の最新テクノロジーを紹介します。

そして、弊社のアナログ回路のブレークスルーとデジタル回路との融合、そしてアナログ回路とデジタル回路の混在を許容する半導体プロセスのテクノロジーについてお話します。

講師:アナログ・デバイセズ FAE
祖父江 達也

 

A/Dコンバータ、D/Aコンバータは、精度や速度などによって様々な種類があります。既存システムの性能を向上させたいといった時に、コンバータ を高精度や高速なものに置き換えることを考えますが、単により高分解能や高速サンプリングのコンバータに置き換えただけでは、望む性能向上を達成するどこ ろか、逆にノイズが増えて扱いにくいシステムになってしまうケースもあります。

この講演では、数Msps~150Msps程度の中~高速コンバータに焦点を当て、コンバータのしくみやデータシートに出てくるキーワードから、システムの性能向上を達成するための周辺回路の基本的な考え方までをご紹介します。

講師:アナログ・デバイセズ FAE
藤森 弘己

 

この講演では、100MSPS以下の中高速ADコンバータを回路に取り入れる際の技術的ポイントを分かり易く解説します。100MSPS迄のADコンバータは、最近では低コストで流通も多く、採用しやすいものになってきています。その分解能も、かつての8~10ビットから12~16ビットという高分解能化が進んでいます。

使い方では広帯域というだけでなく、正確に変換を行うための周辺技術が求められています。比較的ハードルの低い10~100MSPSクラスのコンバータを例にして、これらの周辺技術や配線技術のポイントについて解説します。

高精度コンバータ技術

講師:アナログ・デバイセズ 技術Fellow
Colin Lyden

 

この講演では、高精度データ変換と信号コンディショニング技術のトレンドについて、計測制御用の集積回路に焦点を当て、内容を以下の3部構成に分けて説明します。

  1. 従来のデータ変換技術について
  2. 集積回路要素のミスマッチやノイズなど、コンバータの精度の劣化要因について
  3. 最近のコンバータ製品が、先端的な半導体プロセスを活用することで得られる利点について

 


講師:アナログ・デバイセズ FAE
石井 聡

 

この講演では、IVアンプ(トランスインピーダンス・アンプとも呼ばれる)の最適化を例にして、理解が難しく、また問題になりやすい、OPアンプ回 路の動作安定性とノイズ特性について、実際の回路実現テクニックと回路理論の両面から切り込んで、SPICEシミュレーションを活用しながら説明します。

IVアンプが例ですが、帰還回路の安定性やサーマル・ノイズの最適化の考え方、ADコンバータを含むシステム全体でどうすればローノイズ化を実現できるかについて理解できます。

講師: レムフクラフト 代表取締役
浜田 智 氏

 

この講演では、最近のシグマ・デルタ型ADコンバータは、計測器並みの精度に達しつつあります。そんな高精度ADコンバータのAD7173-8を通して、シグマ・デルタの原理を学び、回路設計のポイント、部品選択、プリント基板の設計の要点などをお話します。さらに、高精度ADコンバータを製品に組み込むことで見えてくる、新しいアプリケーションや市場価値についても考えましょう。



高精度技術を身に付けたい、他社と大きな差別化を考えねばならない課題がある、ロボットの開発をしている、高精度計測をもっとフィールドに持ち出したいと考えているといった方は是非ご覧ください。

お問い合わせ / 参考

技術的なお問い合わせ

技術的なお問い合わせはアナログ・テック・サポートのページより、お問い合わせフォームにて承ります。お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承ください。

本ページに掲載の資料に関するご質問も、アナログ・テック・サポートの問い合わせフォームからお寄せください。

 

 技術的なお問い合わせ フォームはこちら





コミュニティサイト

アナログ電子回路コミュニティは、アナログ電子回路設計技術者同士の交流のためにアナログ・デバイセズが提供する、掲示板サイトです。

こちらにも、技術者からの課題や疑問、それらの解決方法や提案など多くの情報が寄せられています。ぜひ一度ご参照ください。

 

アナログ電子回路コミュニティ >>