isoPower 絶縁型DC/DC コンバータ を内蔵

データを絶縁する必要のある回路にはしばしば絶縁型電源が要求されます。絶縁型電源を実現する一般的な方法はデスクリート回路で、大きな絶縁トランスとともに高価でかさばる数多くの部品あるいはモジュールを使用します。

今日では3つ目のオプションのisoPower®があります。 アナログ・デバイセズ社独自のiCoupler®技術を使ったチップスケール・トランスはデータを絶縁するだけでなく、データ絶縁とともに1つのパッケージに集積化した絶縁型DC/DCコンバータを形成するために使用する事ができます。

isoPowerを使用する事によりコスト、ボードスペース、設計時間が削減されます。

comparison-banner

サンプル、評価ボードについては製品ページをご覧ください。

絶縁型DC/DCコンバータとデータ・チャンネル内蔵絶縁型DC/DCコンバータの一覧

isoを内蔵したその他のソリューションs:


その他の資料