設計 / 計算ツール

アナログ・デバイセズは、お客様の製品選定や回路設計を容易にする、無料の設計ツールや計算ツールを提供しています。

アナログ・デバイセズの設計ツールは、最適化と試験によって精度が確認された結果をシミュレートしているため、設計や製品選びのプロセスを簡素化します。これらのツールは、エンジニアによって問題を解決し結果を出すことを実証されており、現実の状況下で使用できるように考えられています。アナログ・デバイセズのツールは、複数のテスト段階を経てその結果が正確かつ有効であることが確認されています。また、ユーザーのニーズに対応するために、どのような改善が必要かについてユーザーからフィードバックを受け取っています。

アナログ・デバイセズの設計ツールは、ウェブ上で、またはダウンロードして使用します。いずれも無償です。
  • テスト時間を短縮して迅速に最終製品を完成させます
  • エンジニアリング上の課題を解決して計算を簡素化します
  • 業界最先端の製品を使用してベスト・デザインを実現できます
  • 結果とソリューションに自信が持てます

アンプ & リニア デザインツール

ADI DiffAmpCalc™ を使えば、これまで何時間もかかかっていた差動アンプの設計時間を数分に短縮します。 このツールは、ダウンロードすることですぐ使用することができ、インタラクティブなユーザーインタフェースで簡単に使用できます。


ビデオを観る(英語)

ADIsimPEはSIMetrix/SIMPLIS にアナログ・デバイセズのライブラリ等を追加した、パーソナル版回路シミュレータです。SIMetrixモードは、一般的なSPICE回路シミュレーションや、線形回路に適しています。SIMPLIS(SIMulation Piecewise-Linear System)モードは、標準的なSPICEに対して大幅に向上した堅牢性、速度、精度でスイッチング回路動作のシミュレーションを実行します。特にスイッチング電源やPLL、A/DコンバータやD/Aコンバータなどのアプリケーションに適しています。

アナログ・フィルタ・ウィザードを使えば、ローパス、ハイパス、バンドパスなどのオペアンプの設計が数分で出来ます。設計のプロセスにおいて、実際の回路の動作に理想的な仕様、フィルタ設計の特性を観察することができます。
このツールを使用すれば、フィルタ・アプリケーションのニーズに応じて順を追ってオペアンプを選択し、設計することができます。プロセスが終了すると、部品表やSPICEネットリスト作成されます。 

フォトダイオード・ウィザードを用いて、アプリケーションに最適なアンプを選択して設計することができます。ウィザードを使用するには、設計の仕様(電源電圧、フォトダイオード特性、帯域幅、必要な精度など)を入力します。さらに使用するアンプを選択すると、回路図、誤差バジェット、ノイズ解析、部品表(BOM)、SPICEネットリストなど、全ソリューションを確認することができます。

計装アンプのデータシートには、通常、出力スイングと入力同相電圧のグラフ(1つまたは複数のバリエーション)が記載されています。これは一般にダイヤモンド・プロットと呼ばれ、内部および外部のヘッドルームの限界を示す総合的なグラフです。ダイヤモンド・プロットは、回路に関する基本情報が十分にあれば、さまざまな電源電圧、ゲイン、基準ピン電圧でダイヤモンド・プロットを調整することができます。

クロック & タイミング ツール

ADIsimCLKはアナログ・デバイセズの超低ジッタのクロック分配器とクロック生成用製品向けに開発された設計ツールです。ADIsimCLKを使用すれば、ワイヤレス・インフラストラクチャ、計測器、ネットワーキング、ブロードバンド、ATE(自動試験装置)あるいはクロック性能が予測可能であることが求められるあらゆる分野のアプリケーションで、設計を迅速に開発、評価、最適化できます。

Use ADIsimDDS to select and evaluate the performance of a direct digital synthesis device, including the impact of an external reconstruction filter. View the frequency location and magnitude of resulting harmonic images, and determine the filter requirements needed to achieve target performance of resulting output signal.

データコンバータ ツール

VisualAnalog™は、高速ADCの選択や評価を行う設計者向けに、強力なシミュレーション/データ解析ツール・セットとユーザ・フレンドリなグラフィカル・インターフェースを組み合わせたソフトウェア・パッケージです。設計者は入力信号とデータ解析をカスタマイズできます。

Virtual Evalは、ADC、DAC、およびその応用製品評価を支援するウェブベースの設計ツールです。アナログ・デバイセズのサーバ上にあるモデルを使用して、重要な部品の性能特性をわずか数秒でシミュレートします。使用時は、入力トーンや外部ジッタなどの動作条件のほか、ゲインやデジタル・ダウンコンバージョンといったデバイス機能を設定してください。ノイズ、歪み、分解能、FFT、タイミング図、周波数応答プロット、その他さまざまな性能特性を確認することができます。


ビデオを観る(英語)

パワーマネージメント ツール

ADIsimPEはSIMetrix/SIMPLIS にアナログ・デバイセズのライブラリ等を追加した、パーソナル版回路シミュレータです。SIMetrixモードは、一般的なSPICE回路シミュレーションや、線形回路に適しています。SIMPLIS(SIMulation Piecewise-Linear System)モードは、標準的なSPICEに対して大幅に向上した堅牢性、速度、精度でスイッチング回路動作のシミュレーションを実行します。特にスイッチング電源やPLL、A/DコンバータやD/Aコンバータなどのアプリケーションに適しています。

ADIsimPower 電圧レギュレータ設計ツールは、特定のアプリケーション要件から、300以上のパワー・マネジメント製品と10以上の異なるトポロジーからソリューションを比較します。各ソリューションは、期待される性能を比較することができるよう、IC、外部コンポーネント、および動作状態などの情報を含みます。


ビデオを観る(英語)

RF / シンセサイザ ツール

アナログ・デバイセズの新しい高性能PLL製品を迅速かつ確実に評価できるツールです。実施されるシミュレーションには、主要な非線形効果が含まれており、これはPLLの性能に大きく影響を及ぼします。ADIsimPLLによって、設計プロセスの繰り返し作業が1つ以上排除されるため、設計から製品の市場投入までの期間が大幅に短縮することができます。

アナログ・デバイセズのADIsimRF設計ツールは、カスケード・ゲインやノイズ指数、IP3、P1dB、総合消費電力などRFシグナル・チェーン内の最も重要なパラメータの計算を行います。ステージは最大で20まで変化させることができます。ステージは、簡単にインストール、削除、一時的なミュートが可能です。