化学分析と分析機器

化学機器および分析機器は、人間が何らかのメリットを得るために実世界をテストしたり、測定したりする目的で使用されます。たとえば、これには、環境大気や水質、質の高い商品の材料や製品の分析、石油探査と物理探査、および科学的発見の探求などの用途があります。化学分析には、光の検出や、荷電イオン・ビーム、酸化還元反応、およびその他の技術が駆使されます。試料のタイプと測定特性に基づいて、これらの技術を実現する分光学、分光法、および電気化学などの分析法が選択されます。正確で信頼度の高い検出、識別、および特性評価が実現するかどうかは、高精度な検知能力とエレクトロニクスが鍵を握っています。アナログ・デバイセズのクラス最高のシグナル・チェーン、センサー、電力、およびプロセッサのソリューションでは、検出限界(LOD)と精度が電子機器の設計により制限されることがありません。

化学機器と分析機器

おすすめ製品 (10)

シグナル・チェーン

(9)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。

リファレンス・デザイン

(13)

X +

CN0338

CN0383

CN0384

CN0363

CN0370

CN0407

CN0397

CN0396

Evaluation Kits

(3)

X +

EVAL-ADAQ7980

EVAL-ADAQ7980 Circuit Diagram

Evaluation Kits

The EVAL-ADAQ7980SDZ is an evaluation board designed to demonstrate the low power ADAQ7980 performance and provide an easy to understand interface for a variety of system applications. The ADAQ7980 is a 16-bit, 1 MSPS, μModule data acquisition system that integrates four common signal processing and conditioning blocks into a system in package (SiP) design that supports a variety of applications


The EVAL-ADAQ7980SDZ can also evaluate the ADAQ7988, despite being populated with the ADAQ7980. To mimic the evaluation of the ADAQ7988 performance, limit the maximum sample rate of the ADAQ7980 to 500 kSPS in the ADAQ798x Evaluation Software.


The evaluation board is ideal for use with the Analog Devices, Inc., system demonstration platform (SDP) board, EVAL-SDP-CB1Z. The EVAL-ADAQ7980SDZ interfaces to the SDP board via a 120-pin connector. P1, P2, P3, and P4 SMA connectors are provided to connect a low noise analog signal source.


The ADAQ798x Evaluation Software executable controls the evaluation board over the USB through the EVAL-SDP-CB1Z. See the Related Links section for a list of on-board components


A full description and complete specifications for the ADAQ7980 are provided in the ADAQ7980/ADAQ7988 data sheet and must be consulted in conjunction with this user guide when using the evaluation board. Full details on the EVAL-SDP-CB1Z are available on the SDP-B product page.

EVAL-AD40XX-FMCZ

EVAL-AD40XX-FMCZ Circuit Diagram

EVAL-AD40XX-FMCZ Photo

Evaluation Kits

AD4000 / AD4001 / AD4002 / AD4003 / AD4020 ファミリーの評価用ボードは、使い易い 16/18/20 ビットの高精度逐次比較レジスタ(SAR)A/D コンバータ(ADC)に対応しています。AD4000 / AD4001 / AD4002 / AD4003 / AD4020 は、スループットが最大 2 MSPS(AD4020 の場合は 1.8 MSPS)の非常に高い性能を発揮する 16/18/20 ビットの高精度のロー・パワー SAR ADC です。この評価用ボードは、AD4000 / AD4001 / AD4002 / AD4003 / AD4020 ADC ファミリーの性能を実証し、各種システム・アプリケーション向けに分かりやすいインターフェースを提供するように設計されています。これらの製品の詳細な説明は各データシートに記載されていますので、この評価用ボードを使用する際は必ず参照してください。

EVAL-AD4000FMCZ / EVAL-AD4001FMCZ / EVAL-AD4002FMCZ / EVAL-AD4003FMCZ / EVAL-AD4020FMCZ 評価用ボードは、アナログ・デバイセズの高速システム・デモンストレーション・プラットフォーム(EVAL-SDP-CH1Z)と一緒に使用するのに最適です。これらの評価用ボードは、120 ピン・コネクタを介して SDP-H1 ボードとインターフェースします。低ノイズのアナログ信号源用に SMA コネクタ、JP2 と JP3 が用意されています。

内蔵部品には、バッファ付き高精度 5.0 V バンドギャップ・リファレンス(ADR4550)、リファレンス・バッファ(ADA4807-1)、コモンモード・バッファ(ADA4807-1)、2 個のオペアンプ(ADA4807-1)によるシグナル・コンディショニング回路、および必要とされるすべての電圧レベルを供給する電源が含まれています。

EVAL-AD4000FMCZ、EVAL-AD4001FMCZ、EVAL-AD4002FMCZ および EVAL-AD4003FMCZ には、それぞれ AD4000、AD4001、AD4002 および AD4003 が搭載されています。ただし、これらのボードを使用して、評価用ソフトウェアのサンプル・レートを特定の ADC の最大サンプル・レートに制限することにより、AD4004、AD4005、AD4006、AD4007、AD4008、AD4010 および AD4011 の性能を評価することができます。例えば、サンプル・レートが 1MSPS に制限されている場合、EVAL-AD4000FMCZ の AD4000 を使用して AD4004 の性能を評価することができます。対応する評価用ボードについては、各製品のデータシートを参照してください。

EVAL-ADA4625-1

EVAL-ADA4625-1 Circuit Diagram

EVAL-ADA4625-1 Photo

Evaluation Kits

UG-1201 では、ADA4625-1 用の評価用ボードについて説明します。ADA4625-1 は、低ノイズ、高速セトリング、単電源、レール to レール出力(RRO)、接合型電界効果トランジスタ(JFET)オペアンプで、露出パッド付きの 8 ピン・スモール・アウトライン集積回路(SOIC)パッケージに収容されています。この評価用ボードの設計では、簡潔さと使いやすさが重視されています。この 2 層評価用ボードは、入出力にエッジ・マウント・サブミニチュア・バージョン A(SMA)コネクタを採用しています。SMA コネクタにより、テスト装置やその他の回路へ容易に接続することができます。


回路で最高の柔軟性と性能を得られるように、評価用ボードではグラウンド・プレーン、部品の配置、および電源バイパスが最適化されています。ADA4625-1 の露出パッドは、熱性能とノイズ性能を強化するために、評価用ボードのグラウンド・プレーンに接続されています。この評価用ボードでは、最大標準サイズ 1206 のバイパス・コンデンサ、コンデンサ C3 とコンデンサ C5 を除き、ケース・サイズ 0603 と 0805 の表面実装技術(SMT)部品を組み合わせて使用します。また、アクティブ・ループ・フィルタやトランスインピーダンス・アンプ(TIA)、チャージ・アンプなど、多様な選択肢と高い柔軟性を基に幅広いアプリケーション用の回路や構成を実現できるように、さまざまな抵抗およびコンデンサ用の空きパッドも設けられています。


ADA4625-1 のデータシートでは、デバイスの動作の仕様と詳細、およびアプリケーション用の回路の構成とガイダンスを説明しています。デバイスの動作を詳しく理解するため、特に評価用ボードを初めて使用する際は、UG-1201 と併せてこのデータシートを参照してください。