高性能で低消費電力の設計をお望みなら、ADIのコンバータをお試しください。
Make a Difference – その差が、アナログ・デバイセズ

pulsar
pulsar
チャンネル数が多く高精度のデータ・アクイジション・システムを設計する場合、常に問題となるのは消費電力や設計基板面積の最小化です。このよう な状況下でシステム・スループットの最大化を実現するには、高速/高分解能ADCを使って入力をマルチプレクスするか、複数個のそれほど高速でなくそれほど高くない分解能のADCを使う方法が考えられますが、前者は多くの熱を発生し、後者は余計なボード 面積を必要とする、という問題があります。競合製品に比較して 1/15 近く低い消費電力と、小さな面積を備えたAD7986では、このようなトレードオ フがありません。今や多チャンネル密度と高分解能システムは、熱やサイズの弊害を受けることなく達成可能で、設計の幅が広がります。

製品番号 速度 分解能 特長
AD7986 2 MSPS 18-bits 97 dB SNR, 15 mW
AD7985 2.5 MSPS 16-bits 90 dB SNR, 15.5 mW
AD7944 2.5 MSPS 14-bits 84.5 dB SNR, 15.5 mW



PulSARシリーズA/Dコンバータのポートフォリオとその補間製品

関連する情報:

  • ソリューション・ブリテン|ヘルスケアー2009
  • アプリケーション・ノート:AN-931 PulSAR ADC サポート回路の解説 | AN-932 電源シーケンシング(英語)
  • Webサイト: プロセス制御
  • セレクション・ガイド:16ビット~18ビット、高精度ADC(2008年度編 集)
  • Circuits from the Lab/実用回路集: CN-0032 | CN- 0033
  • コンバータ評価用および開発用(CED)ボード
  • 沪ICP备09046653号
    感想、意見を送る X
    content here.
    content here.

    感想、意見を送る

    閉じる