プレス・リリース

Contact Linda Kincaid

卓越した技術的成果とリーダーシップの発揮を称え4名の技術者をフェローに任命

2018年05月07日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ社NASDAQADIは本日ボブ・レイ(Bob Reay)、レナード・シュターゴット(Leonard Shtargot)、イェスパー・スティーンスガード(Jesper Steensgaard)、およびサム・ツァン(Sam Zhang)にフェローの称号を授与しました。これは格段に秀でた革新性、リーダーシップ、さらに他の技術者たちをひとつのチームにまとめあげ、かつ指導する比類のない能力を通じて会社の成功に大きく貢献した技術者に与えられる、際立って優れた職位です。 


    2018-Felllows


    アナログ・デバイセズの共同創立者 会長のレイ・ステータ(Ray Stata)は、次のように述べています。「フェローに任命された彼らが、アナログ・デバイセズの技術革新に対してゆるぎない貢献をしてきたことは間違いありません。ボブとレナードは多数の特許を取得しており、新進のイノベータを数多く指導してきました。イェスパーはその多彩なスキルを活用することで、非常に優れた技術者であるだけでなく、熱心な教師として、また指導者としても活躍しています。サムは、驚くべき性能を持つ慣性MEMS(微小電気機械システム)センサーを開発して、アナログ・デバイセズが、幅広いアプリケーションや業界で使用できる画期的なセンサーを生み出すことに貢献してきました。」


    ボブ・レイ(Bob Reay

    ボブ・レイは、イノベータ、科学技術者、教師、さらには歴史学者でもあります。スタンフォード大学で電気工学の学士号と修士号を取得。リニアテクノロジー(現在はアナログ・デバイセズに統合)での30年間において、22の特許を取得しました。彼の主要な功績は、リニアテクノロジーのCMOSインターフェース・ビジネス構築の支援、シンガポールに会社初のデザイン・センターの開設、そしてリニアテクノロジーのミックスド・シグナル・ビジネス・ユニットの初代副社長および本部長を務めたことです。ボブの問題解決手法は周到かつ非常に論理的であったため、人々はこぞって技術的課題や戦略上の課題について彼の助言を求めました。


    レナード・シュターゴット(Leonard Shtargot

    レナード・シュターゴットは、カリフォルニア大学バークレー校で電気工学とコンピュータ・サイエンスの学士号を取得し、2001年にIC設計技術者としてリニアテクノロジーに入社しました。レナードは、電力変換技術の革新に貢献し、新しい回路、高電圧シリコン・プロセスの改善、先進のフリップチップ・パッケージ・デザイン、テスト技術に的を絞った高性能DC/DCスイッチング・レギュレータのいくつかのファミリーを設計しました。これらの製品は、自動車や産業技術の分野で広く採用されてきました。レナードもまた他の技術者を指導する実践的な教師であり、ラボやテスト・フロアにいることが多く、同僚が技術的な問題を解決する際の支援をしています。


    イェスパー・スティーンスガード(Jesper Steensgaard

    イェスパー・スティーンスガードもリニアテクノロジー出身者で、1999年にデンマーク工科大学で博士号を取得しています。イェスパーは、22の米国特許を取得し、2007年以降79品種の高性能、逐次比較レジスタA/Dコンバータのリリースに貢献してきました。また現時点で業界最高レベルの性能を備えた「本質的にリニアなSAR A/Dコンバータ」の新シリーズの開発において陣頭指揮をとりました。彼は詳細な回路設計とシステムレベルの発想のいずれにおいても非常に優れています。イェスパーは自身の会社(Esion LLC)を設立、またコロンビア大学とオレゴン州立大学でも教鞭をとってきました。


    サム・ツァン(Sam Zhang

    サム・ツァンは、清華大学で電気工学の学士号を取得し、ジョージ・ワシントン大学で機械工学の修士号を取得した後、2001年にアナログ・デバイセズに入社しました。彼は21の米国特許を取得しており、その他に出願中の特許が5つあります。サムは10年以上にわたって、会社初の3軸加速度センサーやMEMSマイクロフォン製品など、アナログ・デバイセズの低G慣性MEMS製品の主席設計者でした。また彼は、数世代の高性能3軸加速度センサー製品の設計を指揮し、慣性センサーのオフセットを正確に予測する方式を考案しました。彼の最近の先駆的な仕事は、超低ノイズ加速度センサーとコンディション・ベース・モニタリング・センサーの領域に貢献するもので、その結果、機械設備などの状態監視方法を刷新するような成果が生み出されています。


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed