プレス・リリース

サクラテックと共同で24GHzレーダーを利用したバイタルセンサー・プラットフォームを開発

~レーダー・バイタルセンサーの商用化を加速~

2018年06月06日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:馬渡修、以下アナログ・デバイセズ)は本日、レーダー技術のベンチャー企業でアナログ・デバイセズのアソシエイト・パートナーでもあるサクラテック株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:酒井文則、以下サクラテック)と共同で、24GHzレーダーベースのバイタルセンサー・プラットフォームを開発したことを発表します。アナログ・デバイセズの高性能なレーダー向けチップセットと、サクラテック独自のMIMO FMCWレーダーモジュールおよびバイタルセンサー・モニター(VSM)向けソフトウェアにより実現したもので、対象者に接触することなく複数の対象者の心拍、呼吸を長時間にわたりモニターできるようになります。衣服の上からでもモニターでき、プライバシーを侵害することなく対象者の生体情報や位置を検出できるため、病院や介護施設での健康状態管理や、ビル内部の人員検知や動線管理などへの応用が期待されます。また、実績のある24GHzレーダーを使うことで、システムの小型軽量化、低消費電力化、低コスト化を実現し、レーダー・バイタルセンサーの商用化を加速します。サクラテックは、本年6月11日(月)~15日(金)にかけてドイツ ハノーバーで開催されるCEBIT2018に本システムを出展します。

    PPG(Photoplethysmography 光学式心拍計)やECG(Electrocardiography心電計)といった従来のVSMでは対象者への接触が不可欠であり、一度に複数の対象者の生体情報を取得することも出来ませんでした。また、一般的にバイタルサイン・モニターに使用されているドップラーレーダー方式では一度に測定できるのは1人だけで、かつ距離の測定も不可能でした。

    今回アナログ・デバイセズとサクラテックが開発した24GHzレーダーベースのバイタルセンサー・プラットフォームは、MIMO(Multiple-Input and Multiple Output)FMCW 24GHzのレーダーを活用しているため、±45°の方位角において一度に複数の対象者の生体情報を測定可能です。対象者はレーダーに正対する必要はなく、どのような向きからも検出できます。非接触でモニタリングができるので、対象者に負担をかけずに、長時間連続してモニターすることができます。また、カメラを使わないため、プライバシーを侵害する心配もありません。さらにクラウドサービスと連携させることで「センサーTOクラウド」システムを実現化し、機械学習などを活用したより高度なデータ分析解析も可能なプラットフォームです。

    180606_sakuratechvsm


    本システムに活用されたのは、アナログ・デバイセズの高性能、高集積のレーダーチップセットです。周波数シンセサイザのADF4159、送信部MMICのADF5901、アナログ・フロント・エンドのADAR7251、そして受信部MMICのADF5904がアンテナ部からデジタル信号処理部まで、信号の流れを全てカバーしています。いずれも集積度の高いICであるため、レーダーシステムのコストとサイズを大幅に削減することができました。
    サクラテックはこのチップセットを活用し、104mm(W)x 76mm(H)x 6mm(D)と極めて小型で薄いレーダーモジュールを開発しました。10年以上にわたるレーダー技術開発の実績を生かし、高精度でより広範囲の方位検出を実現しています。
    実績のある24GHzレーダー向けチップセットを使うことで、システムの小型軽量化や低消費電力化、低コスト化が実現でき、レーダー・バイタルセンサーの商用化が加速されることが期待されます。

    アナログ・デバイセズ株式会社 プラットフォームソリューション シニア・ディレクターの有田省吾は次のように述べています。「ドップラーレーダーによる生体情報センサーシステムはすでに多数開発されていますが、複数の対象物を捕らえられる24GHzのレーダーを使ったシステムはまだ研究開発段階にあります。このような中、レーダー技術のスペシャリストであるサクラテック社との協業で、すぐにお使いいただける製品をいち早く開発できたことを嬉しく思っています。病院などで患者に負担をかけずに長時間モニターしたり、作業現場や家庭での利用において人々の健康維持に貢献できることは大きな喜びです。我々はサクラテック社と今後も緊密に連携をとり、新しい技術を実現してまいります」

    サクラテック株式会社 代表取締役の酒井文則氏は次のように述べています。「ミリ波によるレーダー技術に可能性を感じて会社を設立してから10年目の節目の年に、実用レベルのバイタルセンサー・プラットフォームを発表することができました。今後は、クラウド上のデータを手軽に使え分析解析できるようなプラットフォームを充実させることを目指しています」


    本システムおよび評価キットは、サクラテックとその代理店を通じて販売されます。

    • センサーモジュール「miRadar™8」
      量産価格 80,000円(10台単位、税抜き)※ソフトウェアライセンス費用が別途必要
    • 評価用キット「miRadar™8 EV-2」VSMソフトウェア付き
      定価 750,000円(税抜き)
    • データ分析用クラウドサービス「miRadar™8 VSM cloud data service」
      価格は個別相談


    サクラテックは本システムを、CEBIT2018(6月11日(月)~15日(金)、於:ドイツ ハノーバー)内で日本貿易振興機構が設ける「Japan Pavilion」ブースに出展します。

    miradar8

    miRadar™8 主な仕様

    • レーダー方式:MIMO FMCW 24GHz(ARIB-STD-T73)
    • アンテナ:2Tx、4Rx
    • 方位角範囲:±45°
    • 検出範囲:60m (min.) @クルマ、30m (min.)@ 人物、100m (min.) @建物、40m (min.) @パワーライン、3m (min.) @心拍/呼吸
    • インターフェース:USB2.0 バス出力
    • 外形寸法:104mm(W)x 76mm(H)x 6mm(D)

    詳細はこちら www.sakuratech.jp/product_fmcw.html
    *miRadar™8は、サクラテック株式会社の商標です。

    用語解説
    MIMO : Multiple-Input and Multiple-Output 無線通信において、送信機と受信器の双方で複数のアンテナを使い、通話品質を向上させるスマートアンテナ技術の1つ。
    FMCW : Frequency Modulated Continuous Wave Radar 周波数変調連続波レーダー
    連続波レーダーの一種。ターゲットに電波を発射しその反射波を測定することで、ターゲットの方向や距離を測定するのに使われている。

     

  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • サクラテックについて
    サクラテックは、2008年10月の創業以来、マイクロ波/ミリ波センサーを開発する会社として Ultra-wide band技術の研究開発を中心に進めてきました。この技術を活かして、安全・安心な社会に役立つ自動車用レーダー、侵入監視レーダー及び、健康管理用レーダー等の製品開発に努めております。
    人にやさしいセンサーを目指します―サクラテックhttp://www.sakuratech.jp
Stay Informed