プレス・リリース

「ハードウェアのプロが教えるWebエンジニアのためのIoT講座」 をウェブサイト上に開設

~全12回の技術コンテンツにより、IoTビジネス開発のためのアナログ基礎技術をわかりやすく解説~

2017年09月01日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:馬渡 修)は、この度、ソフトウェアエンジニア向けにIoTシステム構築のステップをわかりやすく解説した「ハードウェアのプロが教えるWebエンジニアのためのIoT講座」を、ウェブサイト上に掲載開始しました。本講座は、全12回のコンテンツで構成され、部品表を参考に必要部品を入手し、ショートビデオを視聴しながら実験することで、アナログ基礎技術を簡単に習得できるようになっています。個人情報の登録を必要とすることなく、インターネット環境であれば、いつでも、どこでも無料で受講できます。

    IoTシステムを構築するには、アプリケーションソフトウェア開発に加え、センサーなどハードウェア開発に関する知識も必要ですが、特にWeb系アプリケーション開発エンジニアにとって、ハードウェアを活用したサービス開発に必要となるアナログ技術の基礎知識を得る機会が少ないことが課題となっていました。既存のアナログ技術講座は、基礎知識を備えたハードウェアエンジニアを対象にしている場合が多く、ソフトウェアエンジニアが十分に理解するにはハードルが高い傾向にあります。

    こうしたソフトウェアエンジニアを支援するため、アナログ・デバイセズは、Web系アプリケーション開発エンジニアに向けたIoTシステム構築講座をウェブサイト上に開設しました。この講座では、基本的なアナログ技術を解説すると共に、実際にセンサーやアナログIC製品を使ってIoTシステムを構築する手順を紹介しています。Web系アプリケーション開発エンジニアや学生などのソフトウェアエンジニアがアナログICやセンサーの多様性を理解し、ハードウェアに触れるきっかけを得ることで、将来、新たなビジネスを開発する一助となることを期待しています。

    参照:「ハードウェアのプロが教えるWebエンジニアのためのIoT講座」ビデオ


    IoTシステムは、自然界の物理現象を検出、計測し、取得したデータからその意味を解釈、情報化し、データをクラウドに伝送し分析する、という一連の流れで構成されています。(図2)IoTシステムを付加価値の高いものにするには、アナログ技術を用いて、音や光、温度、動きなどさまざまな物理現象を検出し、デジタル世界において再現する必要があります。

    一方で、IoTシステムを構築するシステム・インテグレータなどのソフトウェアエンジニアは、デジタルの世界でのデータ解析には秀でているものの、半導体センサーを扱うことには不慣れな場合が多く、想定どおりのシステムを構築することが難しいという課題がありました。そこで、高度なアナログ技術を有するアナログ・デバイセズが、ソフトウェアエンジニアにアナログ信号処理の基礎的なしくみを学んでいただけるよう、わかりやすく解説したコンテンツを用意しました。

    IoT System

    図2:IoTシステムにおける信号処理の流れ

    「ハードウェアのプロが教えるWebエンジニアのためのIoT講座」は、全12回分のコンテンツで構成する予定で、8/31現在、第4回まで公開済みです。第6回以降のコンテンツでは、クラウドや、複数のセンサーを扱うためのゲートウェイを使用した応用例を紹介する予定です。

    第1回    センサーデータをWebBluetoothAPIで取得しよう
    第2回    解説!はじめての無線通信とアナログ入力
    第3回    アナログ計測入門!電池の電圧計測
    第4回    デジタル信号を使ってみよう!
    第5回    I2Cと温度センサとグラフの表示(仮題)

    尚、アナログ・デバイセズでは、本講座の開設を記念したプレゼントキャンペーンを行います。キャンペーンの概要は下記のとおりです。

    「ハードウェアのプロが教えるWebエンジニアのためのIoT講座」開設記念 プレゼントキャンペーン
    同講座で使用している部品セットを、抽選で10名様にプレゼント。
    応募期間:2017年9月1日(金)~9月29日(金)
    当選者発表:当選者の発表は、部品の発送をもって代えさせていただきます。

    部品セットの内容
    BLE Nano
    ブレッドボード
    ジャンパ線(ジャンパワイヤ)
    半固定抵抗器
    リチウムボタン電池ホルダー横型 (CR2032)
    リチウムボタン電池(CR2032)
    LED
    抵抗器
    温度センサモジュール (ADT7410)
    加速度センサモジュール (ADXL362)

    詳細は:ハードウェアのプロが教えるWebエンジニアのためのIoT講座


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

Stay Informed