プレス・リリース

Contact Linda Kincaid

広帯域対応RFミキサーHMC819xシリーズを発表

~産業用機器の設計を簡素化し、開発期間を大幅に短縮~

2017年05月19日 - 東京
  • HMC819x-Product-Release-Image-RGB-300x300-Title-Web

    アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日、広帯域パッシブの同相直交RFミキサーHMC819xシリーズを発表しました。本シリーズは、2.5~42 GHzの周波数帯域全体をサポートし、現在入手可能な他のディスクリート部品以上のメリットを提供します。広帯域をカバーする必要がある試験/計測や防衛分野向け電子機器など、各種産業用機器に最適です。この周波数帯域をカバーするには、これまではディスクリート部品が10個以上必要でしたが、アナログ・デバイセズの本シリーズを利用すれば、性能面で妥協することなくこの周波数範囲に対応できます。HMC819xシリーズは、標準のSMT(=Surface Mount Technology 表面実装技術)パッケージで提供される業界唯一の広帯域用ソリューションであり、効率的な実装で設計時間やリスク全般を減らし、開発期間を短縮します。

    HMC819x RFミキサーについて
    HMC819xシリーズの2.5~42 GHzというRFおよびLO(=Local Oscillator 局部発信器)帯域幅と、広いIF帯域幅により、試験/計測装置や防衛分野に要求される優れたRF性能を維持したまま、設計や実装を簡素化します。本シリーズは、LO/RF絶縁およびLO/IF絶縁はいずれも約35 dB以上、RF/IF絶縁では20 dB以上という比類ない絶縁性能を実現しています。固有のI/Qアーキテクチャにより、25 dBc以上のイメージ/サイドバンド除去比を、高額な外付けフィルタ装着の必要なく達成し、部品コストを削減します。低い変換損失と高いダイナミック・レンジを維持しつつ、広帯域に渡って20 dBmを超える入力IP3が実現されます。整合されたLOドライバ・アンプにより、小さな入力電源で各ミキサーのLOポートを駆動できるようリストされています。

    主な特長

    • 広いRF&LO帯域
      • HMC8191:6~26.5GHz、HMC8192:20~42GHz、HMC8193:2.5~8.5GHz
    • 広いIF帯域
      • HMC8191:dc~5GHz、HMC8192:0~5GHz 、HMC8193:dc~3.5GHz
    • 入力IP3
      • HMC8191:24dBm、HMC8192:22dBm、HMC8193:21dBm


    最適なアプリケーション

    • 試験/計測装置
    • 航空宇宙、防衛

    価格と提供時期
    下記表中の価格は米国での価格です。

    製品
    周波数
    範囲

    量産
    出荷

    1,000個
    受注時
    の単価

    パッケージ
    関連
    部品

    HMC8191 6~26.5 GHz
    出荷中
    54.94ドル SMT HMC451LC3
    HMC8193 2.5~8.5 GHz
    出荷中
    29.42ドル SMT HMC8410LP2FE
    HMC8192 20~42 GHz
    9月
    57.40ドル SMT HMC635LC4


  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed