プレス・リリース

Contact Linda Kincaid

過酷な環境下でも通信を保護する50 Mbps RS-485多機能トランシーバ、 ADM3065EおよびADM3066Eを発表

2017年05月12日 - 東京
  • ADM3065E-ADM3066E-Versatille Transceiver Series Protects Communication

    アナログ・デバイセズ社(NASDAQ:ADI)は本日産業用オートメーション、モーター・コントロール、防衛、航空など厳しい環境下で使用できる、50 Mbps RS-485/RS-422トランシーバ、ADM3065EおよびADM3066Eの出荷を開始したと発表しました。両トランシーバは、IEC61000-4-2レベル4静電気放電(ESD)保護、高速データ通信、1.8 VIOロジックのサポート(ADM3066E)、および工業温度範囲対応などの高性能をすべて省スペースの小型パッケージに実装しています。これにより実装がシンプルになり、標準RS-485通信リンクの性能を向上させつつ、より柔軟な設計ができるようになります。システムレベルでのIEC ESDの脅威は、HBM(人体モデル)ESDと比べると、放電レベルのピーク電流/電圧がはるかに高くなっています。ADM306xEIEC ESDレベル保護は、産業環境向け各種機器に高い信頼性をもたらします。レシーバにはフェイルセーフ機能が搭載されているため、例えばオープンや短絡につながる誤配線など、各種機器に運用上頻繁に発生しうるミスがあっても障害を引き起こす心配がなく、データ・バス上で既知の状態を保持できます。グリッチが生じないホット・スワップ機能により、回路ボードを通電状態のバックプレーンに挿入してもデータエラーなく操作でき、適切にモーター制御され、メーターを正確に読み出すことで、有効なデータに基づいた機械のスムーズな動作が可能となります。RS-485トランシーバはまた、ProfibusBACnetModbusなど幅広く使用されている様々なプロトコルに対応しており、多様なネットワーク・トポロジーをサポートします。

    主な特長

    • 半二重RS-485トランシーバ
    • 高速データ・レート:50Mbps
    • VCCの動作電圧範囲:3.0 V5.5 V
    • バス・ピンでのESD保護
      • IEC 61000-4-2 ≥ ±12 kV の接触放電
      • IEC 61000-4-2 ≥ ±12 kV の空中放電
      • HBM ≥ ±30 kV


    最適なアプリケーション

    • 工業用フィールドバス
    • プロセス制御
    • ビル・オートメーション
    • Profibusネットワーク
    • モーター・コントロール・サーボ・ドライブおよびエンコーダ


    ADM306xE
    トランシーバ・シリーズは、VCC3 V5.5 Vの電圧範囲で動作します。ADM3066EVIOロジック電源を内蔵しており、1.62 Vという低電圧で動作可能な柔軟なデジタル・インターフェースを実現し、1.8 Vで動作する低消費電力のプロセッサやFPGAに直接接続できます。ADM306xEトランシーバ・シリーズは全て、バス・ピン上でIEC61000-4-2 ESD保護を実現するとともに、レシーバの短絡回路、オープン回路、フローティング入力のフェイルセーフ保護を提供しています。また、最大50 Mbpsという高いデータ・レートにより、高速モーター・コントロール・アプリケーションや拡張工業用温度範囲(-40°C+125°C)、バス上での128ノードという接続数にも対応できます。

    価格と提供時期
    下記表中の価格は米国での価格です。

    製品 販売状況 1,000
    受注時の単価
    パッケージ
    オプション
    ADM3065E 販売中
    1.26ドル

    8ピン 3mm x 3mm MSOP
    8ピン ナローボディSOIC

    ADM3066E 20175 1.28ドル

    10ピン 3mm x 3mm LFCSP
    10ピン 3mm x 3mm MSOP




  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズは1965年の創業以来、高性能アナログで世界をリードし、さまざまな技術的課題を解決してきました。
    世界にインパクトを与えるイノベーションを実現するために、私たちは最先端のセンシング、計測、パワーマネジメント、通信、信号処理技術でアナログとデジタルとの懸け橋となり、世界の動きをありのままに描き出します。
    想像を超える可能性を―アナログ・デバイセズ analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed