プレス・リリース

Contact Doug Bartow

新しいIDE「CrossCore® Embedded Studio」を発表

・Eclipse※1ベースのIDE(統合開発環境)の採用により、豊富なサード・パーティ製のツールや技術のエコシステムをユーザに提供
・SHARC®やBlackfin®プロセッサでの開発時間とコストを低減

2012年09月21日 - 東京
  • アナログ・デバイセズ社は、本日、同社のBlackfin®SHARC®プロセッサ向けの次世代ソフトウェア開発プラットフォーム「CrossCore® Embedded Studio(CCES)」を発表しました。業界標準のオープン・ソース・プラットフォームであるEclipse※1で開発されたCCESは、プロプライエタリ(独占)型やオープン・ソース型の豊富なツールやテクノロジ・エコシステムの利用を可能にします。これにより、製品の開発サイクルが短縮し、より迅速な製品の市場投入に貢献します。


    CCESは、Ethernet(イーサネット)、USB、そしてアルゴリズム・ソフトウェア・モジュールやオペレーティング・システム(OS)、ファイル・システムなどを含むドライバやサービスに対するプラグイン・サポートを組み込んだ、世界基準のC/C++言語およびアセンブリ言語による開発環境を、BlackfinやSHARCの開発者に提供します。さらにCCESは、マルチコアに対する使いやすい開発環境やデバッグ機能も提供します。


    CCESは、IDE(統合開発環境)としての比類ないユーザー・エクスペリエンスに加え、µC/OS-IIITM Real-Time Kernel(リアルタイム・カーネル)やµC/USB DeviceTM Stack(USBデバイス・スタック)、µC/FSTM File System(ファイル・システム)といった、Micrium社の組込みソフトウェア・コンポーネントもサポートしています。これにより、ロバストなオペレーション向けにMicrium社の厳しいプロセスで開発され、かつ明快で簡潔なドキュメントによって、その厳格なコーディング規格に対応した、業界をリードするRTOS(リアルタイムOS)等をソフトウェア開発者に提供します。


    アナログ・デバイセズ社ソフトウェア・エンジニアリング&ツール担当ディレクタ、デヴィッド・ランニガン(David Lannigan)は次のように述べています。「CrossCore Embedded Studioは、アナログ・デバイセズの成熟した市場で実証されたコード生成技術、アルゴリズム、さらにシステム・ソフトウェア・ライブラリだけでなく、EclipseベースのIDEの使い易さと機能をBlackfinやSHARCのユーザに提供するために開発したものです。ADIは、Micrium社と密接に協力することで、CCESから同社の技術を活用できるようにし、他社には提供されていない同社のオペレーティング・システム(OS)やドライバのためのコード生成、コンフィギュレーション、およびデバッグ機能を提供できるようにしました」


    Micrium社の創立者であり、CEO兼社長のJean Labrosse氏は次のように述べています。「Micriumは、今や、世界で最も定評のあるリアルタイム・カーネル(µC/OS-III)に加え、µC/USB-Device(当社の組込み向けUSBデバイス・スタック)やµC/FS(当社の組込み向けファイル・システム)などの、当社のRTOSコンポーネントの販売やサポートを通じて、アナログ・デバイセズ社と協業できることを誇りに思います。ADIのIDEは、技術者がこれらのロバストで市場実証済みの組込みソフトウェアのインスタンスを容易に作成、コンフィギュレーションできるようになり、技術者は製品開発における時間短縮が可能になります」


    CCESのシングルユーザー向けライセンスは995ドル(米国での販売価格)で提供されます。そのほかにも、複数ライセンス向け、コーポレート向けライセンスもご用意しております。詳細情報および無償の90日間トライアルソフトウェアのダウンロードについては、下記のサイトをご覧ください。


    また、SHARC、Blackfinプロセッサ向けのVisualDSP++を同日から2年以内にご購入、ライセンス登録いただいたお客様を対象とした優待販売プログラムを実施します。VisualDSP++を1年以内にご購入、ライセンス登録いただいたお客様には無償にてCCESをご提供、1年以上、2年未満にご購入、ライセンス登録いただいたお客様へはCCESを約50%オフの価格でご提供します。なお、対象となるお客様には当社よりメールにてご案内する予定です。

    ※1:IBMによって開発された統合開発環境(IDE)の一つ。高機能ながらオープンソースであり、Javaをはじめとするいくつかの言語に対応する。Eclipse自体はJavaで記述されている。(Wikipediaより引用)



  • アナログ・デバイセズについて
  • アナログ・デバイセズ社は、技術革新、業績、そして卓越した技術を企業文化の柱に、技術セクターにおいて長きにわたり、最高の成長を誇る企業のひとつとしての地位を確実にしてきました。データ・コンバージョンとシグナル・コンディショニング技術で高い評価を得ており、6 万社を超える顧客に製品を提供しています。アナログ・デバイセズ社は、米国マサチューセッツ州ノーウッドに本社を構え、設計/製造拠点を世界各国に展開しています。S&P 500インデックスの一社に挙げられています。http://www.analog.com/jp

  • Editor's Contact Information
Stay Informed